めっき加工メディア
メッキディア-Mekkidia-

めっき加工業者を探す

【PR】めっき加工の見積もり

めっき加工業者一覧

めっき加工の基礎知識

公開日:|更新日:

ここでは、めっきの基礎知識について学んでいきます。

めっき加工がどのような目的で使われ、どのような種類があるのか。そしてめっき加工を発注する際に知っておくべき項目などを紹介しているので、めっき加工により業務の現状を打開したい企業担当者は、ぜひ参考にしてください。

そもそもめっき加工とは

めっき加工とは金属やプラスチックなどの素材に金属膜を生成する加工方法のこと。仏教とともに日本に伝来し、多くの場合、仏像の表面を金めっきで覆うなどに使われていました。紀元前1500年のメソポタミア文明時代という、遙か昔より用いられてきた技術で、現在は電気機器などの工業製品に多く採用されています。

めっき加工の用途はさまざまですが、めっきが持つ特性を素材に付与することで、寿命を延ばしたり、活用の幅を広げたりすることが目的です。

めっき加工の特徴や
目的・用途について
詳しく見る

めっき加工の種類

めっき加工の主な種類は以下の3つです。

  • 装飾めっき・・・素材の装飾のために加工されるめっき。金属ならではの光沢を付与することで、素材に高級感を持たせられます。装飾めっきの加工品として、自動車の外装品やアクセサリー類が挙げられます。
  • 防錆めっき・・・素材が錆びにくくなるめっき加工です。空気中の鉄は錆びてしまいます。すると、機器の故障や耐久性などの問題が発生するでしょう。そうならないために、防錆めっきを施して耐久性や美観を整えることが大切です。
  • 機能めっき・・・電気的特性・機械的特性・物理的特性・化学的特性・光的特性・熱的特性など、様々な機能的性質を持っためっきを施します。特性を付与したい場合に重宝するめっき加工です。

めっき加工の種類について
詳しく見る

めっき加工の発注時に
知っておきたいこと

めっき加工業者に依頼する前にチェックすべき注意点についてまとめました。

  • 目的・・・何のために、どのような製品にめっきを施すのか。
  • めっきの種類・・・目的に沿っためっきの種類を選択しているか。
  • 数量・納期・・・発注量に間違いはないか。納期に間に合うか。
  • めっき膜厚・・・膜厚を正しく指定しているか。製品の仕上げ寸法や測定箇所を設定しているか。
  • 仕上げ状態・・・表面状態は光沢・半光沢か。つや消し・特殊仕上げなどの指定はあるか。
  • 材質・・・めっきに悪影響を及ぼす成分が入っている材質ではないか。焼き入れなどの熱加工品ではないか。加工欠陥はないか。
  • 形状・・・治具に取り付けられる形状か。エアーや液抜きの穴が開いているか。液がきちんとしみこむ構造か。

めっき加工を
発注する時に
事前に知っておきたい
ことを詳しく見る

金めっきとは

金めっきは、文字通り素材の表面に金属の「金」を析出させるめっき加工技術です。金めっきを施すことで、機能的な金のメリットを素材へ付与できる上、金が持つ視覚的な美しさなどのメリットを獲得できることも強みです。また、金は高価な金属であり、製品の全てを金で製造するとコストが高くなるため、表面だけを金めっきで代用するといった使われ方もします。

金めっきについて
詳しく見る

亜鉛めっきとは

亜鉛めっきは鉄の表面に亜鉛の皮膜を付着させる表面処理加工技術です。亜鉛めっきを施すことで、素材の鉄が空気や水に直接触れないようにでき、錆や腐食を予防することができます。また、亜鉛めっきを施された鉄には「犠牲的防食作用」という化学反応が影響し、めっきの一部が剥がれても亜鉛が優先的に酸化して鉄の錆を防ぐことが特徴です。

亜鉛めっきについて
詳しく見る

ニッケルめっきとは

ニッケルめっきとは、ニッケルの金属化合物を利用して行うめっき加工の総称です。ニッケルめっきには大きく「電解ニッケルめっき(電気ニッケルめっき)」と「無電解ニッケルめっき」の2種類があり、さらにそれぞれのニッケルめっきは用途や作業工程、使用する素材などによって複数のめっき加工へ細分化されていることもポイントです。

ニッケルめっきについて
詳しく見る

銅めっきとは

銅めっきは銅化合物を利用して製品に特性を持たせるめっき加工です。古くから装飾クロムめっきの下地として活用されてきた歴史を持ち、昭和30年頃には光沢シアン化銅めっきが盛んでした。また、その後は光沢性などに優れたピロリン酸銅めっきや硫酸銅めっきなどの開発も進み、装飾用や工業用など複数の用途で使い分けられてきた点が特徴です。

銅めっきについて
詳しく見る

硬質クロムめっきとは

硬質クロムめっきとは、クロムを用いるめっき方法のなかでも特に硬度Hv850~1000以上を誇る硬いめっきを指します。一般的に、硬質クロムめっきは電気めっきのなかで最も硬度の高いめっきとされており、耐久性や耐摩耗性を追求したい場合などに用いられるめっきです。主成分として無水クロム酸(三酸化クロム)が含有されており、そこへ触媒混として硫酸が微量に添加されています。

硬質クロムめっきについて
詳しく見る

錫めっきとは

錫めっきとは、文字通り「錫(すず:Sn)」が使われている電気めっきです。錫は232度で溶け始める融点の低い金属であり、はんだ濡れ性にも優れていることが特徴です。また、耐食性に優れている上、展延性に富んで柔らかいことも強みとなっています。人体に対して毒性が低いことも特性であり、幅広い分野の製品で活用されています。

錫めっきについて
詳しく見る

銀めっきとは

銀めっきとは、様々な素材の表面に、金属元素である「銀」を析出させる技術です。銀めっきは通電性に優れている上、銀食器やアクセサリーなど高級感を持った製品の演出として活用されていることも特徴です。

ハンダ付け性に優れて人体にも優しいため、銀めっきは多方面で活用されているめっき加工となります。

銀めっきとはについて
詳しく見る

無電解ニッケルめっきとは

無電解ニッケルめっきは、電気を使うことなく素材の表面にニッケルの被膜を析出させるめっき技術です。耐食性や耐摩耗性に優れており、複雑な形状を持った対象物であっても均一のめっき被膜を獲得しやすいといったメリットがあります。

など、添加物の量などによって「低リン」「中リン」「高リン」といった種類に分類されます。

無電解ニッケルめっきとはについて
詳しく見る

電解めっきと無電解めっき

電解めっきは電気の力を活用してめっきする技術であり、無電解めっきは電気を使う代わりに化学薬品による化学反応の作用を使ってめっきする技術です。

コスト面やめっきスピードなどに関してメリットの多い電解めっきに対して、無電解めっきはめっきの品質や絶縁性のある物質にもめっきできるといったメリットがあります。

それぞれのめっき加工の仕組みを理解して、自社のニーズに適したものを見つけていってください。

電解めっきと無電解めっきについて
詳しく見る

めっきと塗装の違い

電気や化学反応の作用によって、対象物の表面に金属被膜(めっき被膜)を形成するめっき加工に対して、塗装は塗料を対象物の表面に塗ったり吹き付けたりすることで塗装膜を形成します。

めっきはめっき液へ対象物を浸して加工しますが、塗装は手塗りやスプレー、吹きつけ機械などを活用してめっき液やめっき槽などを使わずとも現場作業を行えることが特徴です。

ここでは、めっきと塗装の違いや、それぞれのメリット・デメリットなどをまとめました。

めっきと塗装の違いについて
詳しく見る

めっきとアルマイトの違い

対象物の表面にめっき被膜(金属被膜)を形成するめっき加工に対し、アルマイトは電気分解の仕組みを活用して、アルミニウムの表層に酸化皮膜を生成することが違いです。

めっき加工は様々な金属や樹脂などへ行える表面処理加工ですが、アルマイトはあくまでもアルミニウムを対象として用いられる表面処理加工です。

アルマイトはアルミニウムにおける代表的な表面処理加工であり、まずはその特性やめっきとの違いを把握しておきましょう。

めっきとアルマイトの違いについて
詳しく見る

ステンレスへのめっき

ステンレスは含有しているクロムなどの影響で表面に不動態皮膜が形成されており、めっき品質を安定させるためには適切な工程で不動態皮膜を処理しなければなりません。ここではステンレスへのめっき加工について解説しています。

ステンレスへのめっきについて
詳しく見る

アルミニウムへのめっき

酸素と反応しやすいアルミニウムは、素材の表面に酸化被膜を形成しやすく、めっき加工における難素材として知られています。アルミニウムへめっき加工を行う際の前処理や、めっき加工のメリットなどについてまとめました。

アルミニウムへのめっきについて
詳しく見る

チタンのめっき

チタン(Ti)は軽量で耐久性や耐食性に優れた金属元素であり、チタンの酸化物である酸化チタンは様々な分野で利用されます。またチタン素材の表面にめっき加工を行うことで、さらに機能性を追加することも可能です。

チタンのめっきについて
詳しく見る

黒皮材へのめっき

黒皮材とは、鉄鋼材料を熱間圧延加工した際に生じる表面の酸性皮膜で、黒い皮のような見た目をしていることからそうと呼ばれています。黒皮材には凹凸があり、塗装の密着強度にも乏しいことから、黒皮が付いたままの加工はできません。黒皮材にめっき加工を施す際の手順や注意点について解説しています。

黒皮材へのめっきについて
詳しく見る

化学研磨とは

化学研磨は砥石や研磨機の代わりに化学薬品へ金属素材を浸して、表面を平滑に仕上げる表面加工の1種です。化学研磨は複雑な形状のワークにも対応し、切削屑が発生しないなど機械研磨とは異なるメリットを得られます。

化学研磨について
詳しく見る