めっき加工メディア
メッキディア-Mekkidia-

めっき加工業者を探す

【PR】めっき加工の見積もり

めっき加工業者一覧

めっきと他の表面処理を比較

めっき加工メディア メッキディア-Mekkidia- » めっきと他の表面処理を比較

公開日:|更新日:

表面処理とは

表面処理とは文字通り対象素材の表面を目的に応じて加工する工程の総称であり、表面処理の加工法にはめっき加工や塗装といったワーク表面を別の物質でカバーするものから、研磨剤などを使ってワークを滑らかに磨き上げるものまで様々な技術が存在しています。

表面処理で得られる効果は加工法によって様々であり、単に外観を美しく整えるだけでなく、物理特性を変化させて耐久性を向上させたり、通電性のある金属被膜をめっきすることで導電性を付与したり、あるいは絶縁塗料によって絶縁性を付与するといったことも可能です。

表面処理の種類

表面処理の加工法には色々な種類があり、任意の金属をワークの表面に析出させて薄い皮膜を形成するめっき加工や、塗料を表面に塗布する塗装加工、アルミニウムを電解処理して酸化被膜を生成させるアルマイト加工など目的に合わせて選択しなければなりません。

ここでは、めっき加工以外の代表的な表面処理加工を紹介します。

塗装

塗装はワークの表面に塗料を塗ることで、色を変えたり耐食性を高めたりといった様々な特性を付与する表面処理加工です。塗料は顔料や樹脂、溶剤などを混合することで作られており、配合されている物質や溶剤の性質で塗れる対象や仕上がりも異なります。

ハケで塗る方法やスプレー塗装する方法など塗り方にも種類があります。

アルマイト

アルマイトはアルミニウムに対する表面処理の1種です。通常、アルミニウムは空気中の酸素と反応して表面に薄い酸化被膜を形成しており、この被膜があるせいでその上からめっき処理を施しても金属被膜が剥がれやすくなります。

一方、アルマイトは電解処理で酸化被膜の厚みを増大させる加工であり、耐食性や耐摩耗性を向上させることが可能です。

溶射

溶射とは、金属やセラミックなどの材料(溶射材)を熱で溶かして基材(ワーク)の表面に噴射し、ワーク表面を溶射材の膜でカバーする加工技術です。溶射は金属だけでなくセラミックのような材料を使って表面処理をできる上、金属のみならずプラスチックやセラミックなど電気を通しにくい物質を基材にできることも特徴となります。

研磨

電解研磨

電解研磨とはバフや研磨剤といった研磨道具を使用せず、ワークとなる金属を電解液に浸して通電し、素材表面を溶解させて平滑な仕上がりを再現する加工方法です。電解研磨は電気を利用する性質上、処理できる素材に制限があります。

電解研磨について
詳しく見る

化学研磨

化学研磨は砥石や研磨機の代わりに化学薬品へ金属素材を浸して、表面を平滑に仕上げる表面加工の1種です。化学研磨は複雑な形状のワークにも対応し、切削屑が発生しないなど機械研磨とは異なるメリットを得られます。

化学研磨について
詳しく見る